一般皮膚科

アトピー性皮膚炎、かぶれ、ニキビ、水虫、いぼなどの一般皮膚科を行っております。年齢性別を問わず幅広く対応いたします。重症や詳しい検査および手術など当院で対応困難な場合は専門性を有する施設をご紹介いたします。

紫外線療法

当院ではターゲット型光線療法「エキシマライト」を導入しています。
エキシマライトは白斑や乾癬などの皮膚疾患を治療する紫外線治療器です。従来の紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)よりも少ない回数で改善効果を認めやすく、効果の持続も長いと言われています。また、従来の紫外線療法で改善しにくかった皮膚病変にも効果があることが確認されています。

効果のある疾患

尋常性白斑、乾癬、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、掌蹟膿苞症など

巻き爪治療

「巻き爪」とは、足の爪の端が丸まってくる症状で、最終的には爪が指の肉に食い込み痛みを伴います。靴による圧迫、深爪の習慣、スポーツによる影響、体質や遺伝的な爪の形状、体重増加などが原因となります。
当院では超弾性ワイヤーを使用した巻き爪の治療を行っています。爪の先端に2つの穴を開けてワイヤーを通し、ワイヤーが元に戻ろうとする力を利用して丸まった爪を矯正する方法です。

金属パッチテスト

金属を含んだ試薬を皮膚に貼りけて反応の有無を調べます。アクセサリー類や歯科金属に関するアレルギーテストになります。検査開始日、その2日後に試薬を剥がして1回目の判定、検査開始後3日後と7日後にも判定が必要となり、1週間の内4回の診察が必要となります。例えば、水曜日:検査開始、金曜日(2日後):剥がして判定1回目、土曜日(3日後):判定2回目、水曜日(7日後):判定3回目、となります。検査でかぶれが生じてかゆみがでたり、色素沈着となる場合があります。また、夏場は汗のために正確な検査ができない場合があります。検査は診察と検査の説明を聞いて頂いてからとなり、初診時より始められない時もございます。