新宿三丁目皮膚科クリニック

新宿東南口の皮膚科医院『新宿三丁目皮膚科クリニック』

診療内容SERVICE

一般皮膚科

アトピー性皮膚炎、かぶれ、ニキビ、水虫、いぼなどの一般皮膚科を行っております。年齢性別を問わず幅広く対応いたします。重症や詳しい検査および手術など当院で対応困難な場合は専門性を有する施設をご紹介いたします。

皮膚生検、皮膚腫瘍切除

局所麻酔で出来る小さな手術を行っております。午前は13時30分、午後は17時30分までにお越し頂ければその日に行うことも可能です。ただ、状況によって別の日にお願いする場合もございます。

皮膚生検

肉眼で診断困難な皮膚症状に対して、皮膚の一部を採取して顕微鏡で皮膚に生じている反応を見ることで診断の手がかりとします。


皮膚腫瘍切除

ほくろ、線維腫、およびアテローム(粉瘤)など小さな腫瘍を切除して、取ったものは顕微鏡で見て病理組織学的にも診断します。

金属パッチテスト

金属を含んだ試薬を皮膚に貼りけて反応の有無を調べます。アクセサリー類や歯科金属に関するアレルギーテストになります。検査開始日、その2日後に試薬を剥がして1回目の判定、検査開始後3日後と7日後にも判定が必要となり、1週間の内4回の診察が必要となります。例えば、水曜日:検査開始、金曜日(2日後):剥がして判定1回目、土曜日(3日後):判定2回目、水曜日(7日後):判定3回目、となります。検査でかぶれが生じてかゆみがでたり、色素沈着となる場合があります。また、夏場は汗のために正確な検査ができない場合があります。検査は診察と検査の説明を聞いて頂いてからとなり、初診時より始められない時もございます。

腋窩多汗症へのボトックス療法

当院では保険診療が可能です。1回目の診察で治療のご説明と薬剤の手配を行い、2回目の診察で治療を行います。両腋窩に10から20箇所に分けて注射を行います。効果の持続期間は4から9ヶ月ですが、個人差があります。

紫外線療法

当院ではターゲット型光線療法「エキシマライト」を導入しています。
エキシマライトは白斑や乾癬などの皮膚疾患を治療する紫外線治療器です。従来の紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)よりも少ない回数で改善効果を認めやすく、効果の持続も長いと言われています。また、従来の紫外線療法で改善しにくかった皮膚病変にも効果があることが確認されています。

効果のある疾患

尋常性白斑、乾癬、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、掌蹟膿苞症など

ケミカルピーリング ・イオン導入

当院では主ににきび対する治療を目的として行なっております。初回治療の前に診察と治療のご説明をさせて頂きます。自費診療で予約制となります。月1回行い、3から4回目で効果が出てきます。肝斑やしみ、くすみなど美容に対するピーリング 、イオン導入も可能です。イオン導入はトラネキサム酸とビタミンCの2種類を用意しています。

料金

■ケミカルピーリング 顔:5,000円、背部:8,000円


■イオン導入(顔のみ) 1剤:5,000円、2剤:7,000円

※ケミカルピーリング +イオン導入は2,000円引き

プラセンタ注射

自費となります。プラセンタ注射はヒトの胎盤から抽出されたもので、医療機関でのみ受けられる注射です。当院ではメルスモンとラエンネックともに用意しています。

効果

①肝機能の改善
②アンチエイジング:老化の原因となる活性酸素の発生を抑制し、新陳代謝を高めます。
③美肌効果:メラニン色素の発生を抑制するため、シミ、くすみを改善、コラーゲン生成を促すことでしわの改善、他、ニキビ、皮脂欠乏にも効果が期待できます。
④血流促進:冷え性

⑤抗アレルギー・抗炎症作用:アトピー性皮膚炎やニキビなどの皮膚疾患
⑥疲労回復
⑦肩こり、筋肉痛の改善
⑧その他;更年期障害、生理不順、自律神経失調

ラエンネックとメルスモンの効果に大きな違いはありませんが、ラエンネックはより肝機能の改善効果があり、メルスモンはより皮膚や自律神経系の症状、疲労回復に効果があります。メルスモンは注入時の痛みがラエンネックより軽減されています。


当院では皮下注射を推奨します。筋肉注射も可能です。また、最初の1から2ヶ月は週に1から2回、その後は1から2週に1回のペースで受けることをお勧めします。 1回に1から3アンプルを注射します。投与量は途中で変更できます。 副作用は、注射部位の発赤や腫脹、稀にアレルギー症状を起こすことです。


料金

1A 2A 3A 20A分のチケット(1Aの料金)
メルスモン 1,050円 1,550円 2,150円 11,000円(550円)
ラエンネック 1,000円 1,500円 2,000円 10,000円(500円)

手足多汗症へのボトックス療法

自費診療となります。当院ではボトックスビスタ®︎を使用します。1回目の診察で治療のご説明と薬剤の手配を行い、2回目の診察で治療を行います。効果の持続期間は4から9ヶ月ですが、個人差があります。注射時には疼痛を伴います。


料金

100単位:50,000円 200単位:90,000円
200単位:90,000円 300単位:130,000円

新型コロナウイルス(COVID-19)抗体検査

新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)の抗体の有無により、過去に新型コロナウイルスに感染したか、していないかを検査します。一般的なウイルス感染症の場合、発症後数日でIgM抗体が出現し、その後遅れてIgG抗体が出現します。この新型コロナウイルス感染症の場合、発症後2週間でほぼ同時期にIgG、IgM抗体が出現すると言われております。保険適応外のため自費となります。現在の感染を調べるPCR検査とは異なるものです。この抗体検査は現在、臨床診断用に認可されていないため、各種証明書の発行はお断りしております。


2種類の検査方法がありお選び頂けます。

①通常の採血を行い、血清から調べる方法。IgMとIgG抗体の合計で結果が出ます。結果は1週間程度で郵送します。料金は5.500円です。
②少量の血液を採取、キットで検査する方法。IgMとIgG抗体と別々に結果が出ます。15分程度でその日に結果が確認できます。料金は10,000円です。

巻き爪治療

「巻き爪」とは、足の爪の端が丸まってくる症状で、最終的には爪が指の肉に食い込み痛みを伴います。靴による圧迫、深爪の習慣、スポーツによる影響、体質や遺伝的な爪の形状、体重増加などが原因となります。
当院では超弾性ワイヤーを使用した巻き爪の治療を行っています。爪の先端に2つの穴を開けてワイヤーを通し、ワイヤーが元に戻ろうとする力を利用して丸まった爪を矯正する方法です。

  • まずは、爪の縁に2ヶ所穴を開けます。
  • その穴にマチワイヤを挿入し固定します。
  • マチワイヤ治療によって爪が矯正されます。